トイレのウォシュレットからの水漏れの原因

ウォシュレットは便座を温めたり、おしりを洗う機能などがあり、痔の人や排便後におしりを水で洗いたい人にとっては、ウォシュレットなしでは耐えられないという人もいるほどです。海外でもその需要は認められ空港で爆買いする外国人もみられます。ウォシュレットの販売が右肩上がりと同様、ウォシュレットが原因の水漏れも年々増えつつあります。

■一番多いノズルと水抜き栓からの水漏れ

ウォシュレットの水漏れは、ノズルが原因の場合がほとんどです。ボタンが機能しなくなったときは、電池が切れているかもしれません。電池を交換して再度確認してください。便座の脇から水漏れしている時は、水抜き栓からの水漏れが予想されます。これはパッキンが痛んでいることが原因のため、修理業者に依頼してパッキンを交換してもらいましょう。

■プロに任せて

ウォシュレットは、普通のトイレに自分で後から設置できるものと家をリフォームした時にトイレそのものをウォシュレット機能付きのものにする2パターンあります。自分で設置したものであれば、電源を抜いてからウォシュレットを取り除き、メーカーに問い合わせしましょう。もともとのトイレがウォシュレット付きのものは、自分で無理やり取り外すと壊れますので、最初からプロに任せることをお勧めします。



■まとめ
ウォシュレット 水漏れの故障は、自分で出来ることはあまりなく漏電や感電、破損の危険があるのでプロの業者に任せましょう。市販されていないものを入手するルートもあるので、最適の部品で交換してくれます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ