トイレの水漏れはすぐ直さないと大変なことに

トイレの水漏れは、壊れた箇所も見つけやすく自分で直せるところも多いので、その判断ができると安心です。またトイレ 水漏れは、場所にもよりけりですが、例えば便器からの水漏れの場合、微生物や雑菌、大腸菌などに汚染された水の場合も多いため、なるべく早く適切な処置をする必要があります。

■トイレは微生物だらけ

トイレの水自体はそんなに汚くありません。ただ、便器からの水漏れは、排泄物がまざった水が漏れていることになります。健康な状態の排泄物が混じった水であれば、ひどい菌はいませんが、下痢や嘔吐などをしたときの水は、雑菌まみれです。水漏れが改善されるまでは、必ずバケツで覆うように雑菌の飛沫を防ぎましょう。
こういった汚染された水でも、きちんとトイレから出る前に手を洗うことで健康な人間にはウィルス感染することはありませんが、小さなお子さんや高齢の方には感染し症状がでることもあります。早急に修理し、最後は徹底的に消毒用のエタノール液で殺菌しましょう。

■トイレの水漏れの確認方法

簡単に判明する方法がいくつかあります。ウォシュレットが水漏れの原因の可能性があれば、電源を抜き取り外してみましょう。こうすることで水漏れがなくれば、ウォシュレットが原因です。便器のひび割れかなと思ったら、そこに墨汁や絵の具を水に溶かしたものを流してみることで、水漏れに色が付くかでそこに原因があるかわかります。
タンクが原因の場合は、ちょろちょろと音がずっと流れます。流した時にだけ水漏れがする、上記以外の場合は接続部分を疑ってみましょう。

■まとめ
トイレの水は汚く、体の弱い方は感染しやすいためなるべく早い修理が必要です。ウォシュレットからでないとはっきりわかるまでは、感電防止のため確認時に必ずウォシュレットのコンセントを抜いてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ