水道修理が必要なトイレの水漏れ

トイレの水道 修理には、ウォシュレットからの水漏れ、手洗い管の水が止まらない、レバーをひねっても水が出ない、タンクに水が溜まらない、便器に何かが詰まった、給水管や止水栓からの水漏れなど様々です。詰まりと水が流れない時に知っていると焦らない、自分で出来る簡単な確認と対応を紹介します。

■何かが詰まった

詰まる原因は、大きく分けてトイレットペーパーをたくさん流した、生理用ナプキンや水溶性でないものを流した場合の2つがあります。トイレットペーパーだけの時は、30分ほど待ってから再度流すことで解消されることがあります。お湯を注ぐことで溶けるスピードが速まり、詰まりが早く解消されるケースもあります。
後者は、ラバーカップといわれる吸引器で詰まったものをこちらに引き戻しましょう。何度も水を流してしまうと水位が上がり水が跳ねますので、服や壁など汚れてもいいようにカバーしてから行ってください。

■水が流れない

水が流れない時は、タンクを確認してください。たくさん水が溜まっているか、浮き球がちゃんとチェーンについているか、ごみが浮いていないかがポイントです。レバーがしっかりと降りているのかも確認してください。ちょろちょろと水が流れ続けていてタンクに水が溜まらないことがあります。別途水をバケツにくみ、高い位置から勢いよくバケツの水を便器に部分に流しましょう。



■まとめ
トイレは意外と詰まりやすいので、トイレットペーパー以外流さないようにしましょう。また詰まった時にパニックになって何度も水を流すと、便器から水があふれ出ることもあります。まずは詰まりを取り除くことに気を配りましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ