トイレの水漏れの原因はこんなにある!

トイレの水漏れの原因はこんなにある! トイレから水漏れがしている時は、まず水の元栓を閉めて根本的に水漏れを止めましょう。床や下の階への影響を最小限に抑えられます。水の元栓はトイレの構造によって違いますので、今のうちから確認しておくとトラブルの際にパニックにならなくて済むので、今日明日にでも見てみてください。トイレの構造によっては、水の元栓がなくて家全体の止水栓で水を止めなくてはならない場合もあります。どこがガスでどこが水でなど、念のためここも確認しておくといいでしょう。
状況が悪化すると、トイレの交換をしなくてはいけないこともあるので、そうならないよう早急に対処しましょう。トイレの水漏れの原因や注意して見るポイントを具体的に紹介します。

■接続部分からの水漏れ

まず長く使用しているトイレでよくみられるのが、接続部分が緩んだことによる水漏れです。緩んでいるだけならば、モンキーレンチでギュッと硬く締めなおすだけで改善します。接続部分に使われているゴムやパッキンがボロボロになって切れていたら、これはもう部品交換しかありません。型番をひかえてホームセンターでスタッフの方にアドバイスをもらって代替品を購入するか、業者に依頼するのがいいでしょう。かなり古いトイレだと、代替品も一般のお店では入手できないこともあります。そうした部品も入手できるルートをもっている業者に頼るのがお勧めです。
接続部分を分解する時は元に戻す時にわからなくならないよう、動画や写真で元の状態を納めておくとスムーズに行えます。接続部分を外すときは、かなりの水が漏れますので、下にバケツを置いて床へのダメージを回避しましょう。

■便器やタンクの破損
便器やタンクに重いものを落とすことはあまりありませんが、経年劣化や地震の揺れ、蓋の開閉の雑さなどでひび割れすることがあります。大きなひびは、トイレの交換をしなくてはいけないものもありますが、小さいものであればセメントなどで溝を埋めることで修理が可能です。ここからの水漏れは水漏れの量も多く床へのダメージも大きいため、業者に依頼するのがいいでしょう。その際、念のため床のダメージも確認してもらいましょう。
タンクから漏れている時は、破損の他に中に入っている錘がうまく機能していない場合もあります。ちょろちょろと音がして使っていない時も流れているようならごみが入っていないか、鎖が切れていないかなどタンクの中も注意して見ましょう。汚物が混じった水漏れや雑菌の繁殖も懸念されるので、最後には殺菌消毒ができる薬剤を使うことをお勧めします。

■ウォシュレットの故障

ウォシュレットを確認する前に、感電しないように必ずコンセントを抜いてから作業しましょう。ウォシュレットを取り外して、1日置いてみて水漏れが解消されていればウォシュレットが原因とわかります。
電気製品はかなり機械に詳しくないと直せないし、なんとなく直ったように見えても感電が怖いので、業者に依頼するか、買ったばかりであればお客様センターに電話してください。保障の範囲内で交換できるか、それとも安くで修理してもらえることもあります。古いものでも、業者によってはぴったり合う代替品を持っていることもあるので、費用は高いですが、自分でホームセンターなどで買うよりは安心安全です。

■まとめ
床一面が濡れるということはあまりなく、ポタポタと垂れた水のところに小さな水たまりができて水漏れを発見することが多いでしょう。そのため、意外と簡単に原因がわかります。ただ単に接続部分が緩んでいるだけなら、簡単に自分でも修理ができます。亀裂も小さいものならば自分で修理することも可能でしょう。
ウォシュレットなど電気部分が故障してしまったら、業者もしくはウォシュレットのお客様センターで対応してもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース